Skip to main content

COVID-19アップデート

CSLは世界中の患者さんに医薬品を提供し続けています。

患者さん、血漿ドナーの方々、そして社員を含め、すべての皆さんの安全を守ることが私たちの最優先事項です。COVID-19のパンデミックが継続する中、CSLは世界中の患者さんに医薬品を提供し続けています。なかでもCOVID-19の影響を受けている方々への貢献を目指し、新たな解決策を模索しています。また、社員の健康と安全をサポートするための対策も講じています。ビジネスへの影響を最小限に抑えるため、私たちは引き続き、感染状況を注視していきます。(CSLは、CSLベーリングおよびセキーラスの親会社です)

news

私たちの取り組み:

CSLとアストラゼネカ社は、CSLがオーストラリアで約5,000万回接種分のアストラゼネカワクチンを製造し、同国に供給することに合意しました。2021年3月に製品の供給が開始されました。

CSL
ベーリングは、COVID-19関連の肺炎患者さんの主な死因である重度の呼吸器不全の患者さんの治療に、
CSL312(Garadacimab、第XIIa因子拮抗モノクローナル抗体)を使用する臨床試験を開始しました。この治療法の安全性と有効性を評価するための第2相試験は、登録を完了し、2021年の第2四半期に結果が出る予定です。

さらに、CSLは、COVID-19との闘いに使用できる自社製品の可能性や外部研究者とのパートナーシップを引き続き精査していきます。

これらは、世界的なパンデミックに立ち向かうためのCSLの様々な取り組みの一部です。CSLの他の活動については、ファクトシートをご覧ください。


私たちの社員:

私たちは、社員の健康と安全を確保するために、さまざまな措置を講じています。これには、2021年7月1日までの海外出張の制限や大規模なグループミーティングの延期、そして、業務の遂行への影響を最小限に抑えるための様々なコミュニケーションテクノロジーの活用を社員に奨励することなどが含まれます。

 

私たちの患者さんと製品:

CSLは、世界中で私たちの医薬品を途切れることなく供給し続けています。COVID-19の状況が継続するなか、私たちの事業にどのような影響があるかを注意深く見守っています。

私たちは世界中の治験施設で臨床試験を継続しており、有望な新薬の評価という重要な仕事に携わっている研究者と緊密に連絡を取り合い、患者さんの施設来訪やフォローアップの予約を管理する最善の方法を検討しています。

 

私たちへの血漿提供者の皆さん:

私たちの血漿採取ネットワークは稼働しています。私たちの血漿採取センターは、社員と血漿ドナーの皆さんのために、最高レベルの品質基準と安全性を追求することを約束します。

 

# # #
お問い合わせ先
CSLベーリング株式会社 コーポレート コミュニケーション
電話:03-4213-0183 Fax:03- 4213- 0216