第1回ノーベル生理学・医学賞受賞者 エミール・フォン・ベーリングについての7つの事実 アニメーション動画のご紹介

CSLベーリング株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 ジャン・マルク モランジュ)は、今年のノーベル生理学・医学賞受賞者を称えるアニメーション動画を作成しました。社名の由来ともなっている、エミール・フォン・ベーリング博士は、第1回ノーベル生理学・医学賞受賞者であり、現在の医学へと続く数々の功績も紹介しています。

news

エミール・フォン・ベーリングは、ジフテリアに対する血清療法の研究が認められ、1901年、第1 ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。日本の北里柴三郎博士とも連携したことも知られています。ベーリングにより1904年に設立されたベーリングベルケ社は、 CSLベーリングのルーツの一つでもあり、当時も拠点としていたドイツのマールブルグに、現在もCSLベーリングの主要製造施設が稼働しています。当時の研究が礎となり、現在のCOVID-19との闘いにおける治療法の開発にもつながっています。

CSLベーリングは、本年のノーベル賞受賞者の方々に謹んでお祝い申し上げます。



CSLベーリング株式会社(日本法人)について】

CSLベーリング株式会社は、生物学的製剤のグローバル企業であるCSLベーリング(本社アメリカ)の日本法人です。免疫・希少疾患領域、救命救急・止血領域、及び血友病領域を主要領域としています。
2016年には血友病領域に参入し、遺伝子組換え血友病B治療薬を上市しました。血友病領域では、さらに、2017年12月に遺伝子組換え血友病A治療薬を発売致しました。
2017年9月には、ビタミンK拮抗薬療法時の出血傾向を抑制する、静注用人プロトロンビン複合体製剤を発売しました。
2019年3月には20%皮下注用人免疫グロブリン製剤が、「慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合)」を効能又は効果として、適応追加の承認を取得しました。2019年3月に10%液状静注用人免疫グロブリン製剤が、「慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の筋力低下の改善」と「慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の運動機能低下の進行抑制(筋力低下の改善が認められた場合)」を効能又は効果として製造販売承認を取得し、2020年2月には無又は低ガンマグロブリン血症の適応追加も承認されました。
日本において生物学的製剤を専門とする企業として設立以来歩みを重ね、2020年で20周年を迎えました。CSLベーリングは、今後とも日本の医療に、ひいては患者さんやご家族の生活の質の更なる向上に貢献してまいります。

https://www.cslbehring.co.jp

 

CSLベーリング (CSL Behring LLC) について】

CSLベーリングは、生物学的製剤のグローバル企業です。患者さんのアンメットニーズに応えるため、最新のテクノロジーに基づき、血液凝固疾患、原発性免疫不全症候群、遺伝性血管性浮腫、遺伝性呼吸器疾患、神経系疾患などの治療に用いられる製剤を開発、提供しています。また、心臓手術、臓器移植、やけど、新生児の溶血性疾患の予防などに使用される製剤も扱っています。CSLベーリングは、世界でも最大規模の血漿採取ネットワーク(CSL Plasma)を運営しています。
CSLベーリングは、オーストラリア、メルボルンに本拠を置くCSL(CSL Limited 、ASX:CSL)グループの一員です。CSLグループ全体では社員27,000人を擁し、世界70以上の国/地域で救命に寄与する製剤をお届けしています。
We are Driven by Our Promise™
https://www.cslbehring.com

 
# # #
お問い合わせ先
CSLベーリング株式会社 コーポレート コミュニケーション
電話:03-4213-0183 Fax:03-4213-0216

 

 

Facebook でもご覧いただけます
※ログインしてご覧ください https://www.facebook.com/pages/category/Company/CSL-Behring-51976781570/