CSLベーリング 血友病ヘルスケアハッカソンを開催
~血友病患者さんの課題解決に向けて~

CSLベーリング株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:ジャン・マルク モランジュ)は希少疾患や重篤な症状に使われる生物学的製剤の専門企業として、血友病患者さんの治療をサポートし、生活の質をさらに向上させるアイデアを創出するための、「血友病ヘルスケアハッカソン」を2018年12月8日(土)、9日(日)に開催いたしました。

news

血友病ヘルスケアハッカソングループ写真

「血友病ヘルスケアハッカソン」では、様々な業種から14名の参加者が集いました。
天野 景裕 先生(東京医科大学 医学部医学科 臨床検査医学分野 教授)と小島 賢一 先生(荻窪病院 血液凝固科 臨床心理士)による、血友病治療の現状と血友病患者さんの抱える課題についてのご講演後、参加者は、課題解決のためのアイデアを出し合い、その中から議論のテーマとして4つのアイデアを選出しました。その後、アイデア別のチームに分かれて2日間にわたり議論し、解決策を集約するものとして “ランディングページ(LP)”(ウェブサイトのトップページ)を作成しました。

最終発表では、チームごとにLPを見せながらプレゼンテーションを行いました。審査の結果、ものがインターネットとつながるIoTInternet of Things)によって在宅での治療をサポートしつつ、医療従事者との情報共有をかなえるサービスを発表したチームが優勝。他にも血友病患者さんの輸注記録を楽しく管理するようなサービスや、ステークホルダーのコミュニケーションを円滑にするサービスなど、様々な角度からのアイデアが発表されました。

イベント終了後のアンケートでは、「血友病について、豊富な情報のインプットがあり、とても勉強になった。」「すぐに先生方や企業側に相談できる環境が良かった。」という意見が多く寄せられ、血友病という希少疾患であっても患者さんの課題に即した具体的なソリューションが提案されました。


開催の背景と目的
新規の製剤・治療・技術の発展により、血友病の治療は大きく進展しています。一方、すべての患者さんがその恩恵を最大限に受けられているわけではなく、血友病治療をさらに発展させるヒントは、在宅での治療管理、症状の把握、医師とのコミュニケーション等、薬剤を超えた領域にも存在すると考えられます。
そこで今回のヘルスケアハッカソンは、血友病患者さんの治療をサポートし、生活の質をさらに向上させるため、多職種の新しい視点や発想からアイデアを検討することを目的に開催されました。
本イベントは、製薬企業がスポンサーとなる日本で初めてのヘルスケアハッカソンとなりました。

 

【開催概要】
開催日程:2018128日(土)、129日(日)
開催場所:日本橋ライフサイエンスビルディング 201大会議室
共 催: CSLベーリング株式会社 / Healthcare Hackathon
協 賛: 三井不動産株式会社
一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)

【審査員】
小島 賢一 先生(荻窪病院 血液凝固科 臨床心理士)
淺野 正太郎氏(株式会社Save Medical代表取締役社長)
ジャン・マルク モランジュ(CSLベーリング株式会社 代表取締役社長)

【評価基準】
Innovation:創造性、独自性、社会実装性
Feasibility:実現可能性、事業性、ステークホルダーへのインパクト
Patient Focus:ユーザー経験、患者さんへのインパクト、ステークホルダーへのインパクト

 

■ヘルスケアハッカソンとは
ヘルスケアハッカソンは医療健康分野の課題をテーマに、医療従事者、エンジニア、デザイナー、ビジネスパーソンがともに課題の理解を深め、解決策を創りだすイベントです。
Facebook : https://ja-jp.facebook.com/groups/HealthcareHackathon/

■血友病とは
血友病は血液を固める血液凝固因子が生まれつき不足、または欠乏しているため、出血したときに血が止まるまでに時間がかかる病気です。関節内に出血を繰り返し起こすことで、ひざやひじ、股関節などに変形や機能障害が生じ、日常生活に様々な制約や困難をきたします。
血友病の治療は、不足している血液凝固因子を血液製剤で補う補充療法が中心で、定期的に製剤を投与することで血液凝固因子の活性を維持して出血を未然に防ぐ定期補充療法が一般的に行われています。


CSLベーリング株式会社(日本法人)について】

CSLベーリング株式会社は、生物学的製剤のグローバル企業であるCSLベーリング(本社:アメリカ)の日本法人です(本社:東京都江東区、代表取締役社長:ジャン・マルク モランジュ)。免疫・希少疾患領域、救命救急・止血領域、及び血友病領域を主要領域としています。

2016年に血友病治療領域に参入し、高いトラフ値を保ちながら、2週間に一度の定期補充療法を可能にした血友病B治療薬「イデルビオン®」を上市しました。201712月より2週間処方制限が解除され、患者さんの生活の質のさらなる向上に寄与することが期待されます。血友病領域では、さらに、201712月に国内初のシングルチェーン構造を持つ製剤である血友病A治療薬「エイフスチラ®」を発売致しました。

20179月には、ビタミンK拮抗薬服用中の患者さんの出血傾向を是正することを可能にした、日本で初めてとなる静注用人プロトロンビン複合体製剤「ケイセントラ®」を発売しました。

CSLベーリングは、世界標準の安全性を備えた、革新性の高い製剤の安定的な供給を通して、日本の医療に、ひいては患者さんやご家族の生活の質の更なる向上に貢献してまいります。http://www.cslbehring.co.jp

血友病患者さんのためのサポート・応援サイト「ヘモフィリアナビゲーター」
http://www.hemophilia-navi.jp/index.html

 

CSLベーリング (CSL Behring LLC) について】

CSLベーリングは、生物学的製剤のグローバルリーダーです。未だ解決されていない患者さんのニーズに応えるため、最新のテクノロジーに基づき、血液凝固疾患、原発性免疫不全症候群、遺伝性血管性浮腫、遺伝性呼吸器疾患、神経系疾患などの治療に用いられる革新的な製剤を開発、提供しています。また、CSLベーリングの製品は、心臓手術、臓器移植、やけど、新生児の溶血性疾患の予防などにも広く使用されています。

CSLベーリングは、世界でも最大規模の血漿採取ネットワーク(CSL Plasma)を運営しています。親会社であるCSLCSL Limited ASX:CSL)はオーストラリア、メルボルンに本社を置き、CSLグループ全体で従業員22,000人を擁し、世界60ヵ国以上で救命に寄与する製剤をお届けしています。

We are Driven by Our Promise™
http://www.cslbehring.com


# # #

お問い合わせ先

CSLベーリング株式会社 コーポレート コミュニケーション

電話:03-3534-5735 Fax:03-3534-5864