Japan
検索    
全CSL Behringサイト内検索

2008年入社 杉本

2008年入社 生物理工学部卒

●CSLベーリングへの入社理由
大学で生物工学を学んでいた私は、就職活動の時期になり大学院に進学するか就職するか迷いました。出した結論は、早めに社会に出ることでした。大学の先輩の多くがMRとして活躍していたのでMRを志しました。CSLベーリングを選んだのは、専門性の高い医薬品を扱っていることから興味を持ち、調べていくうちに救命救急医療の現場に貢献できることを知ったからです。

ドクターは真摯に仕事に臨むMRを
育てようとしてくれる。


私が最初に担当したエリアは宮崎県です。県内にオフィスが無いことから、基本は直行直帰。でも、困ったことはほとんどありませんでした。同じ宮崎県担当の先輩はもちろん、南九州地区のチームが何かとフォローしてくれたからです。ただ病院間の移動距離が長く、時間の使い方を中心とする自己管理は大切でした。 この宮崎での思い出はたくさんあります。私が担当して2ヶ月目に、担当病院で自社製剤のシェアが落ち込みました。きっと、担当が新人になったことで、信頼感が低下したのだと考えた私は、毎回異なる資料や情報を携え、訪問回数も増やしました。そうしていくうちに、ドクターたちから自然に声をかけられるようになっていきました。新人でも何とかドクターに、病院に、そして患者様に貢献したいという気持ちや努力する姿勢が伝わったのだと思いますし、ドクターに育てていただいたと感じます。それからは検査データを元に症例についてディスカッションができるようにもなり、多くのドクターと信頼関係を築くことができています。


ドクターと同じ目標に向かっている実感が
日々の苦労を忘れさせる。


三年目からは広島に転勤し、大学病院を担当しています。こちらでは、希少疾病と戦っているドクターと出会い、今まで以上に専門性の高い情報が要求されるようになりました。海外の文献を求められることもあります。社内にある文献、資料を自分なりに調べ、さらに内容を正確に理解している必要もあります。一方で、大学病院担当のMRとして医局の中の多くのドクターと接することになります。宮崎時代に培った自己管理スキルを活かし、時間を捻出し、空いた時間でドクターにお渡しする資料をまとめています。しかし、ドクターと共に重篤な患者様のために挑んでいるのだと思えば、苦労だとは感じません。MRとして取り組み甲斐のある大きな仕事をさせてもらっていると実感する毎日です。


2009年入社 拝師 2008年入社 井伊 2008年入社 杉本
2007年入社 古谷 2006年入社 福島 2006年入社 川上
2001年入社 池口


採用情報 トップメッセージ CSLベーリング概要 血漿分画製剤 CSLベーリングのMR  
社員の声 内定者座談会 新卒採用情報 採用Q&A