Japan
検索    
全CSL Behringサイト内検索

血漿分画製剤について


血漿分画製剤とは?

供(献)血で得られた血液(全血)を遠心分離して輸血に用いられる成分製剤(赤血球、血小板、新鮮凍結血漿)と、血漿成分を大量にプールして治療に有用なタンパク質を精製した血漿分画製剤があります。
WhatsPDS

血漿分画製剤とは?

多人数から得られた血漿成分をプールして、原料血漿とします。この原料血漿から治療に有益なタンパク質を取り出し、高純度に精製したものです。使用目的に応じて次のような製剤があります。


WhatsPDS2

血漿分画製剤の安全性確保

医師による供(献)血者への問診、採血後の血液のウイルス検査などのほかに、より安全な血漿分画製剤をつくるために製造過程でも厳しい検査や不活化を行っています。


WhatsPDS3

副作用や合併症のリスクは?

強いアレルギー反応が起きる場合や、感染症にかかる 可能性があります。

血漿分画製剤は厳しい安全性対策を実施して製造されていますが、現在の技術でもある種のウイルスは完全に不活化・除去することができないため、ウイルス感染の可能性を完全には否定できません。また、副作用や合併症が起きる場合があり得ます。

したがって、使用にあたっては投与しないことによる治療上の不利益と、投与することによる致命的なリスクの可能性を考慮する必要があります。

  • A型肝炎ウイルス、ヒトパルボウイルスなどによる感染症にかかる可能性があります。 
  • ショック、心不全など、重症あるいは致命的な合併症が起こる可能性があります。
【自覚症状】
 
発熱、顔面紅潮、じん麻疹、悪寒、戦りつ、はき気、おう吐、頭痛、倦怠感、注射部位の硬結・疼痛など
【検査所見】 GOT・GPT上昇、好酸球増多、血小板減少、腎障害など
【重篤な症状】 ショック症状、無菌性髄膜炎、肺水腫、急性腎不全、溶血性貧血など